経営に関する研究

変化を続ける経営学とは

トップ / 変化を続ける経営学とは

経営の勉強に関する情報

経営では異業種に学ぶことも大切

企業経営の場合、一般的には業種が決まっているので、コンペチタ―の動向が一番気になるところでしょう。結局、学ぶというと自社の守備範囲に限定し、業界関係のことを集中して行うこととなります。でも、何か改革しようとか、新しい商品を生み出そうとかのように、今までの延長線上でないことを実現する場合は、異業種に学ぶことも大きなヒントになります。家電メーカーが化粧品メーカーを研究する、販売代理店が食品製造会社を見学するなどです。もちろん逆もありです。異業種研究が大きなヒントとなり、新しい経営の局面を切り開くうえで有効になるのです。

硬貨

経営は学ぶ心を持ち続けること

経営者は顧客に商品やサービスを提供し、利益を得ることを考えますが、顧客は人間なので、多くのものに影響をうけ、嗜好が変化していきます。例えば、数年前ではヒット商品でも、数年後にはだれも見向きもしなくなることはよくあります。経営者が今の顧客の嗜好を知るには、いつも学ぶ気持ちを持つことが大事です。学ぶ気持ちを持ち続ければ、ニュースを読めば、多くの人がどんなものに関心を持っているのか、街を歩けば、どのようなお店が人気があるのかなどを注意してみます。そこから、新しい商品やサービスの発想が生まれてくることがよくあります。