経営の基本について

会社を経営するという事

トップ / 会社を経営するという事

経営の勉強に関する情報

資本力に見合った経営

経営の基本は会社を倒産させない。すなわち資金を枯渇させないことです。これが一番悩ますところですが、会社の資本力でカバーできるビジネスをすることが重要です。大きな利益を得るビジネスは、その分、支出も大きくなります。それに耐えられる資金がなければ、大きな利益を得る半ばで資金がなくなり、倒産してしまいます。また、ビジネスの規模が異なれば、関連会社や従業員の使い勝手が異なり、今まで成功していた方法ではうまくいかないこともあります。大きな利益を得る会社にしたければ、一歩一歩、会社の規模を大きくしていき、大規模な経営を学んでいくのがいいでしょう。

硬貨

経営の基本とは何かについて

経営の基本は長期間にわたって安定的に利益を出し、社会や顧客のニーズに対応する事です。そのためには利益を上げる事を重視するのではなく、人を大切にするという考えを持ちながら行う事が重要です。顧客の声やニーズ等に誠実に耳を傾けるだけではなく、従業員が長く働く事が出来る環境づくりに力点を置きます。サービスを求める人ばかりを大切にするのではなく、サービスの提供を行う人も大切にする事が重要です。これがうまく出来なければ長期間にわたって安定したサービスの提供を顧客に行う事が出来ず、経営は苦しい状況に陥るでしょう。